Hello! From LUNCH LADY

無条件の愛 THE SCARIEST LOVE OF ALL

今回のダイアリーを書き始めたのは先週のこと。娘たちを音楽フェスに連れて行ったこと、自分が大好きなものを子どもたちとシェアするのがどんなにステキかということ、子どもたちがその体験をどんなに楽しんでくれたかということ……になる予定でした。

I started writing this post last week. It was to be about how I took my kids to a music festival, how it was awesome to share stuff I loved with them, and how I took real joy in them loving the experience.

ところがどうしたわけか、いつか彼女らが独り立ちするってきめたときのための私自身の準備が必要だっていうオチになってしいました。彼女たちが翼を広げて自分の世界を飛び回るために……さみしく年老いた私が大きな家でたったひとりでいる姿が脳裏に浮かんで、トラウマになっちゃう……って。

For some reason, I ended up writing about how I needed to prepare for when they decided to leave home. To spread their wings and take on the world themselves. I wrote about how traumatising I thought it would be, and all I could see was a sad old lady sitting in a big house all by herself.
私はキーボードから離れて気を取りなおさなくちゃなりませんでした。そんな日が来ると分かっていても、こわいんです。その時は、なんとかそんな心配から抜け出せたからよかったけど。

I had to step away from the keyboard and get a grip.
Now, even though I am aware this will happen, and it is scary. I was grateful I managed to step off the thought spiral that the love of our kids can send us on.

その文章はちょっと病んでるっぽいなと思ったので、公開しないつもりでした。でも、みんなそういうふうに心配になったことってあるでしょう?「いやー、うちの子最高。ホントに大好き!」っていうテンションから次の瞬間には「ああ、子どもたちになにかあったらどうしよう」ってブルーになったり。

I wasn’t going to share the post I wrote, as I thought it was a little manic. But I think we all have these thoughts. And we can quickly go from, “man, my kids are ace, I love them so much” to “oh my god, what if something happens to them?”.
そう、だから書きます。
先週末、娘たちをGolden Plains(音楽フェス)に連れて行きました。本当は、自分ひとりで行くつもりだったんです。たまには自分だけの時間を持って、本を読んだりのんびりしたり、音楽を楽しんだりビールをたんまり飲んだり。でも、ベビーシッターが急に来れなくなってしまって、私は計画を見直さなくてはならなくなったんです。

So here it is.
I took my girls to Golden Plains (music festival) last weekend. It wasn’t meant to be that way, I was meant to go on my own. Have a bit of alone, reading, relaxing, music listening and too many beers. But the when the well executed baby sitting fell through, I had to reassess my plans.

年に一度の自分だけの週末だったはずなので、ちょっと「えーっ」と思いました。でも、もう1人の私は、私の小さな宝物たちと週末を過ごすのが楽しみで仕方なかったんです。それにうちの子どもたちは音楽と屋台が大好き。その両方がある週末に、来ちゃダメとは言えませんよね?

At first it was annoying, I was bummed about missing out on the one weekend a year that is mine. Alone. But another part of me was really excited to share the weekend with my two little people who mean everything to me. Plus, my kids love music and food trucks. How could I deny them a weekend of consuming both?
だから私たちは車に荷物を積めて(テディベアたちも連れて)、メレディスに向かったのです。
私たちは高速のガソリンスタンドで友人たちと合流しました。ガソリンを満タンにして、アメちゃんを2袋を持って出ると、それを娘たちにぽーんと渡しましたが、ふたりは「罠にはかからないよん」と言うように私を見ました。
「さあ、Golden Plainsが始まるよ、なんでもありだからね!」
私たちはカーステの音量を正しく上げ、ダッシュボードに足を乗せてそっくり返って座ると、記録的なスピードでお菓子を食べました。

So we packed the car (teddies in tow) and headed to Meredith.
We met our convoy at the servo on the highway. I filled the car and came out with two bags of mixed lollies. I chucked them at the girls and they looked at me like I was setting them up for a fall. “It’s Golden Plains weekend girls, all bets are off!” We turned the stereo up to a responsibly loud volume, they kicked up their feet, sat back and devoured that sugar in record time.
道中、私は母親であるべきか、彼らの友人であるべきか考えました。どっちもって可能? 子どもたちを新しいフェス仲間にしちゃって一緒に思いっきり楽しむっていうのは悪いこと? たぶん、いつか子供たちが私のところからいなくなっちゃうのを覚悟するって感じ? いつか子どもたちが私のフェス仲間として一緒に出かけてくれなくなるときが来るでしょうし。実際、前回上の子のマヤとフェスに行ったとき、彼女は車の中で「ねえ、いつか私このイベントに友達と来たいな。それでもいい?」と言ったのですから。

On the drive there, I thought of the line between being a mum and a friend to your kids. Can you be both? Is it wrong to actually really enjoy the company of your kids so much you’ve made them your new festival buddies? I feel like perhaps I am setting myself up for a fall. The day will come when my kids won’t want to be my festival buddies anymore. In fact, the last time Maya and I went to Golden Plains, she said to me in the car on the way home “you know I will want to come to this with my friends one day, are you ok with that?”.
だからたぶん、友達であるべきか母親であるべきかの間で揺れてたわけではないんですよね。書き綴れば綴るほど、私はいつか子どもたちが自立して私から離れていくという事実に恐れていただけなんだと気付いたんです。
そう言っても、私は別に彼らを束縛したいわけじゃありません。ただ、いつか子どもたちが心地よいわが家から羽ばたいていくときに、得意気でワクワクしながらも、恐怖に胸を引き裂かれるんだろうな、というだけ。

So perhaps it isn’t the line between being a friend and a mum I am so worried about. The more I am writing, the more I am realising I am actually just scared and preparing myself for the fact that one day my kids are going to have their own lives that won’t have me as their centre. And when I say I am scared, I don’t mean that I want to lock them up and never let them go, I just mean that I know that when the time comes for them to be free and leave the comfy nest, I will be so torn between pride, excitement and terror.

親である、ということは本当にすばらしいことです。子どもたちとこうして絆で結ばれ、友達みたいにいれることはとても幸運です。私たち親はみんな、愛と不安の間の細い道を日々歩いています。深く愛することはとってもリスキーなこと。でも、みんなそれを分かっているんですよね。
ケイトより

It is an amazing thing to be a parent. To have such a relationship with my kids, that I consider them my friends is very fortunate. It’s fine line we all walk every day between love and fear. To love something so much is a risky business. But none of us question it.
Kate XX
DATE 2016.10.24
2017.05.13(土) - 2017.05.13(土)
2017年5月13日(土)

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017