Hello! From LUNCH LADY

小さな学びが大きな一歩(LEARNING SOMETHING LITTLE FELT REALLY BIG
)

私、ずーっと、チーズの作り方を知りたいなあと思っていました(もし無人島に残されたとしたら、サラミの次に恋しくなる食べ物がチーズ)。でも、いつも忙しくて疲れてて、やろうとしない自分にうんざり……。

ついにパートナーにお尻をたたかれて料理教室に申し込み、私の名前がチーズ作り講座の名簿に並びました。ようやく、この15年ずっと「やりたい!」と言っていたことをやることになったわけです。どうせできっこないとあきらめかけていたので、ネタ的に「ずっとチーズ作り習いたいと思ってて、いつかやってみる」なんて言ってたのですが、言ってるだけじゃ面白くありません。やっぱり実際にやらないと。

I have been wanting to learn how to make cheese forever. It is second to salami on my stuck on a deserted island food list. But I have always been too busy, too tired or too boring.
It took my fella to book me in to a class and get my name on the cheese making roll call. Finally, I was doing that thing I’d been talking about for the past 15 years. I had almost surrendered to the fact it was never going to happen and I just started to use it to sound interesting “oh, I have always wanted to learn how to make cheese, I am going to do that one day”. But that isn’t interesting. Doing stuff is.

びっくりするのは、何かを学ぶことがいかに自分に刺激を与えるかということ。教室から出る時にはチーズの作り方を修得しているということだけでもすごいことですが、私は脳みそのいつもとは違う部分がむずむずしているのを感じました。何かを学ぶことで、私の眠っていた部分が目覚めたみたい。

I am amazed how learning something has affected me. Walking out the class with new cheese making skills was awesome, but I now felt different parts of my brain ticking. Just from learning something, I had woken up bits that had been having a bit of a snooze.

私のアタマのなかにそこにはなかった何か新しいものが存在している感じ。新しい知識、新しい技術。それが活力になっているような感じなんです。アタマの中の新しい知識は「チーズの作り方」、それだけなのに気分はとってもいいんです。
もっと学びたい! 生涯学び続けよう! 心地よい安全圏から外に出て、一歩先へ挑戦してみよう! だって、新しい何かが自分をどこまで連れて行ってくれるか分からないでしょ。いつか今のことを振り返って「もしあのときチーズ作り教室に行ってなかったら……」なんて言ったりして。へへへ。

There is something new in my head, that was never there before. New information and a new skill. I feel empowered by this. I know the new info sitting in my brain is only how to make cheese, BUT, it feels good.
I want to take this learning stuff further. And not just in the literal sense but in the sense of pushing myself. Taking myself out of my comfort zone and giving things a go I normally would turn down. Because you never know where these things can lead. I may look back one day and say “if I hadn’t done that cheese class…” hehe.

さて、それでは習ったことをご紹介しますね。そして、食べ方も。
これは台所で作るものとしては、たぶん一番簡単だしすっごいレシピです。もしかしたらもうご存知かな。習った最後の人が私かも。まあ、いっか。流行からちょっと遅れていたって気にしない、気にしない。

Let me show you something I learnt. And then I will show you how to eat it.
This is quite possibly the EASIEST and most UNREAL thing you can make in the kitchen. You probably all know how and I am the last person to ever learn this. That’s ok, I am cool with being a little behind the times.
リコッタチーズの作り方
【用意するもの】
・牛乳2リットル(低脂肪でもいいけど無脂肪はダメ。普通の牛乳を使いましょうよ、人生楽しまなくっちゃ!)
・ レモン汁1/2カップ
・ ガーゼか布巾(chux※でもいいけどchuxって言うとなぜか私笑っちゃうんです)
・穴あきおたま
・小鍋
・温度計
※chuxとは不織布のキッチンクロスの商品名。日本でもレストランなどで「ダスター」と呼ばれて使われているもの(編集注)。
※オーストラリアの計量は1カップ=250mlです

【作り方】
1. レモンを絞って用意しておく
2. 牛乳を小鍋に入れ中火〜強火にかける
3. 90度まで温める
4. 牛乳が90度になったら火からおろし、レモン汁を入れる
5. 10分ほど放っておく。さわらず、そのままに。
6. 牛乳が凝固してこなかったら、レモン汁を少し足してもう5分そのままにしておく。
7. ざるなどに布巾を敷いてそこに鍋の中身を移して濾します。もしホエー(乳清)をとっておきたかったらボウルで受けてください(ホエーをとっておくのはいいことです。ピザ生地を作るときに使えますし、サワードゥ・スターター(発酵種)に加えたり、発酵種を仕込むときにも使えます!)
8. 水分が切れてざるに残ったものがリコッタチーズ。お好みのしっとり感(うーん、なにか他にいい言葉ないかな!?)に合わせて、10分〜1時間水切りをしてください。

LEARNING TO MAKE RICOTTA!
WHAT YOU NEED
•2 litres of full fat (you can use low fat, but not no fat, but just use full fat. live a little!)
•1/2 cup of lemon juice
•cheesecloth (or chux, I always giggle when I say chux, don’t know why)
•slotted spoon
•saucepan
•thermometer

WHAT YOU NEED TO DO
1. Juice your lemons and have them at the ready!
2. Pour the milk in to the saucepan and put it over a medium to high heat.
3. Keep stirring milk until it reaches 90˚C.
4. Once the milk has reached 90˚C remove milk from the heat and pour in the lemon juice.
5. Let the milk sit for 10 minutes, leave it alone! Just let it be.
6. If your curds aren’t clumping together, add a little extra lemon juice and let it sit for another 5 minutes.
7. Put your cheesecloth, or chux, in to a colander and pour the curds and whey through. If you’d like to save the whey pop a bowl underneath. (It is cool to save the whey because you can use it in your next pizza dough, or try it in your sourdough starter, or start a starter!)
8. Leave the ricotta there to drain. Depending on how moist (I know! Give me a word that works there but isn’t gross) you can leave it to drain from 10 minutes up to an hour.


私もやったみたいに作りたてを食べてもいいし、密封容器に入れて冷蔵庫で冷やしてからでも。
私はトーストにまだ少しあったかいリコッタチーズを乗せてシナモンと蜂蜜をかけて食べました(写真がそれ!)。うーん、おいしかった!
みなさんも「チーズ作り」でアタマの眠っている部分を刺激してみては!? では、ステキな一週間を! ケイトよりx

Either eat it straight away, like I did, or pop it in an airtight container in the fridge for later.
I made some toast, popped some still warm ricotta on top with some cinnamon and honey. Yep. It was amazing.
I hope a new part of your brain has woken up with this little gem. Have an amazing week. Kate x
DATE 2016.10.17
2017.05.13(土) - 2017.05.13(土)
2017年5月13日(土)

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017