Lifestyle magazine
for modern family
DATE 2017.08.03

アメリカでは、6月の下旬になると子ども達は一斉に夏休みに突入します。
9月の新学期までの長い長い夏休み、多くの子ども達は海外で過ごしたり、
両親が共働きの子ども達はサマースクールやキャンプに参加します。
ただ、ニューヨークの場合、とても高額なケースが多く、
一週間(9amから5pm)で500ドルだったり、700ドルだったり。。
そんな事から、多くの日本人ファミリーは、夏休みになると
日本に里帰りし、自分の母校などへ子ども達を体験入学させるケースが
とても多いのです。

 

私の場合、実家がサンディエゴの為、夫の出身地である、
自然豊かな山梨県で、7歳になる娘も体験入学をさせてもらいました。夫が通っていた小学校は現在、各学年に1クラス、そして1クラスに15、6人程度。少人数だったお陰で、すぐにお友達も出来た様でした。

山梨での生活は、普段NYで生活する子ども達にとって、とても素晴らしい経験となりました。毎朝、畑に行き、おじいちゃんと一緒に新鮮な野菜や果物を収穫したり、日中は田んぼでおたまじゃくしを捕まえたり。NYでは不自然に整えられた自然が多い中、こうして日本の本物の「自然」と触れ合える機会は、とても貴重だと感じたし、こんな環境で子ども達を育てられる方法はないものかと、ずっと考えている今日この頃です。

DATE 2017.08.03