丁寧な暮らし

娘との時間の中で

パパが、やんちゃで私一人ではいつも手に負えない2歳児の長男を外に連れて行ってくれると言うので、久しぶりに6歳の娘と一緒に過ごしました。何がやりたい?と聞くと、「カップケーキが作りたい!」と。

 

二人で、計量して、チョコレートスポンジを作り、一緒にガスコンロの前に立って、シロップを作り、泡立て器でイタリアンメレンゲを作る。

どのステップも一生懸命に、見て見て〜!と溢れんばかりの笑顔で夢中になって話しかける彼女を見ていたら、ふと、日々、ヘロヘロになりながら、走り回る息子の後を追いかけてばかりいて、娘とじっくり対話したり、ちゃんと心から向き合えて無いのではないかと。

 

時間がないから、忙しいから、仕事してるから、と、この言葉を何度娘に投げかけたのだろう。。

 

日々、子育てで追われていると、果てしなく、終わりが見えない感たっぷりで、私自身もいっぱいいっぱいになってしまう。けれども、子どもが子どもでいられる時間なんて長い人生の中でほんの僅かであり、一瞬なのだと、改めて気づかされたのです。もっともっとこの子とちゃんと向き合わないと、絶対に後悔するのだと。

 

何を優先するか、何を一番大切にしたいか、それは人それぞれ。でも私は、やはり子ども達や家族との、この貴重で、二度とおとずれないであろう今、この瞬間を思いっきり楽しもうと思う。

DATE 2017.06.14

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #35
AUTUMN-WINTER 2017