丁寧な暮らし

ファーマーズマーケットへ。

NYもぐんと涼しくなり、短いNYの夏はあれよあれよと言う間に終わってしまいました。
これから長い長い冬へと身支度です。

そんな中、この季節の大きな楽しみの1つがファーマーズマーケットへのお買い物。
私は毎回マンハッタンで一番規模の大きい、ユニオンスクエアのマーケットまで足を運ばせます。
午後になると、綺麗なお野菜や果物は売り切れてしまうこともあるので、
朝一、8時頃に着くように心掛けています。
早朝のファーマーズマーケットが大好きな他の理由は、
みんなが活気に溢れ、イキイキとしていること。
店員さんもお客さんも、わんこたちも。
そんな光景を見てるだけでも微笑ましくなってしまうのです。
お気に入りのお店では、エディブルフラワーの鮮やかな色に目を奪われたり、
普段目にする事のない珍しいお野菜を眺めているだけで、毎度毎度、心が踊るのが自分でもよく分かります。
陳列されたお野菜を見ていると、どれだけ丁寧に育ち、どれだけ丁寧に扱われてきたのか、瞬時で想像できてしまう程のエネルギーを持った食べものたち。
そんな想いのこもったお野菜を、作ってくれた人に感謝しながら、そして、その料理を食べる相手の事を思いながら、失礼のない様に、丁寧に調理することを私は心掛けています。
お気に入りのお店だけをぱぱっと見るのですが、それでもやっぱり全て終わるまで
一時間はかかってしまう上に、毎度、小旅行ぐらいの荷物になってしまいます。
小柄な私がこの大荷物を抱えて移動するのはちょっぴり大変ですが、ローカルで育った生命力の高いお野菜や果物は、やっぱり大切な人に食べてさせたい。そんな思いから、底力が涌くのです。
今日は、変わった形をしたズッキーニを調理してみました。
味付けは、いたってシンプルに美味しいお塩とペッパー。
一緒に添えたソースは、人参とタマネギをピュレにしたもの。
そしてアクセントにバルサミコ酢を。
最後におうちにあるグリーンの葉っぱやエディブルフラワーで色を鮮やかに彩り、出来上がり。
DATE 2016.10.15
2017.06.04(日) - 2017.06.04(日)
2017.06.04(日)

MilK JAPONの
iPhoneアプリが登場

マガジンと連動したスペシャルなARコンテンツが楽しめたり、
ウェブのイベント情報をいち早くお届けできるアプリです。

MilK JAPON #34
Spring-Summer 2017