Lifestyle magazine
for modern family

Lifestyle magazine
for modern family

DATE 2017.12.25
HFB Studio Design Journal

San Sebastián

我が家から車で30分ぐらい南に走るとサン・セバスティアン(バスク語ではドノスティア)という街に着く。国境を超えてスペインに入ると、がらりと雰囲気が変わる。建築から人の顔、ご飯や音楽は私が知っているフレンチ・バスク文化より情熱的に感じる。物価も安く、お家パーティーが増える年末のお買い物には最適。バスク産のワイン、チーズ、ハムがメインの目的。

クリスマスが近くなると、ビーチの前にキャロセルが出るので、子どもと出ている家族が多い。思いっきり浜辺で遊んでから、水族館に行ったり、街中ショッピングをしたり、お昼になるとピンチョスのバーをまわる。日本にある立ち飲み文化にも少し似ていて、カジュアルで家族で楽しめて嬉しい。ピンチョス(pintxos) とは、バスク語で「タパス」のことを言う。ローカルのアンチョビ、イワシ、タコのマリネ、ハムやスペイン風卵焼きが薄く切ってあるパンの上にのっている軽食。ビスケー湾に面しているので、魚介料理が美味しい。

来年はもっとスペイン側のバスクを冒険したい!
バスク語も少し勉強したらさらに面白いでしょう。。。

DATE 2017.12.25

YOU MAY ALSO LIKE

ギフトで考える地域問題「P to P GIFT 2018 Problem to Product Gift」
〈ユナイテッド カラーズ オブ ベネトン〉世界的写真家オリビエーロ・トスカーニが撮影したビジュアルの写真展『NON FATE I BRAVI』を開催!
「紙から本ができるまで展」八戸ブックセンターで開催
32 キッズウェアの可能性を越えるアイデンティティ
MilK JAPON × チェキのPOP UP SPACE『Living with チェキ』による オリジナルポケットガーランドを作るワークショップの様子をお届け!

MilK JAPON × チェキのPOP UP SPACE『Living with チェキ』による オリジナルポケットガーランドを作るワークショップの様子をお届け!

2018.01.11
親子で家事の楽しさ、道具の大切さを実感。MilK JAPONがプロデュースする『Miele Mini House』

親子で家事の楽しさ、道具の大切さを実感。MilK JAPONがプロデュースする『Miele Mini House』

2017.12.27